香港とは何か

野嶋 剛

力による「中港融合」を押し進め、一国二制度を形骸化させる中国。二〇一九年の大規模デモ、二〇二〇年の国家安全維持法の施行、そして米中新冷戦のゆくえとは。

香港とは何か
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0222
  • 整理番号:1512
  • 刊行日: 2020/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-07326-6
  • JANコード:9784480073266
野嶋 剛
野嶋 剛

ノジマ ツヨシ

ジャーナリスト、大東文化大学社会学部特任教授。1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。朝日新聞シンガポール支局長、台北支局長、政治部、AERA編集部などを経て、2016年4月に独立。著書に『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『ラスト・バタリオン――蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『台湾とは何か』(ちくま新書、第11回樫山純三賞)、『タイワニーズ――故郷喪失者の物語』(小学館)など。近著に『なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか』(扶桑社新書)がある。

この本の内容

香港が歴史的転換点を迎えている。一国二制度のもと特別行政区として五〇年間の高度な自治が保証されるはずだった。ところが中国・習近平政権は力による「中港融合」を推し進め、一国二制度を形骸化させる国家安全法を香港の頭越しに決めた。世界を驚かせた二〇一九年の大規模抗議デモに続き、香港問題はいま米中新冷戦の最前線に浮上している。東洋の真珠と呼ばれ、日本とも関係の深い国際金融都市・香港を知りたいすべての人に届ける一冊。

この本の目次

第1章 境界の都市
第2章 香港アイデンティティと本土思想
第3章 三人の若者―雨傘運動のあと
第4章 二〇一九年に何が起きたか
第5章 映画と香港史
第6章 日本人と香港
第7章 台湾の香港人たち
第8章 中国にとっての香港
第9章 香港と香港人の未来

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可