もっと、狐の書評

山村 修

選りすぐりの名書評
150本

適確な批評と本への愛情にあふれた「狐」の書評を選りすぐり再編集、さらに単行本未収録の作品を増補した文庫オリジナル版。
【解説: 岡崎武志 】

もっと、狐の書評
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 902円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:き-19-2
  • 刊行日: 2008/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-42457-0
  • JANコード:9784480424570
山村 修
山村 修

ヤマムラ オサム

1950年生れ。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業。青山学院大学図書館司書の傍ら、〈狐〉のペンネームで1981年2月から2003年7月まで1188本の書評を日刊ゲンダイに発表。主な著書に『狐の書評』(本の雑誌社)、『野蛮な図書目録』『狐の読書快然』(洋泉社)、『水曜日は狐の書評』『もっと、狐の書評』『増補 遅読のすすめ』(ちくま文庫)、『禁煙の愉しみ』(洋泉社/朝日文庫)、『気晴らしの発見』(大和書房)などがある。2006年逝去。

著者に関する情報

追悼・山村修[全文を読む]

この本の内容

’06年に惜しまれつつ急逝した著者は二十三年間、毎週水曜日の「日刊ゲンダイ」に“狐”の書評を書き続けた。丁寧かつ周到に読みぬいたその書評は読者の心を強く動かし、根強い多くのファンを得ていた。生前に刊行された単行本の中から選りすぐった書評と未収録書評を併せ、さらに“狐”自身のロングインタヴューを付す。

この本の目次

1 言葉に手を触れる
2 心と体を揺さぶる
3 日々の匂いを嗅ぐ
4 書物の筋肉が動く
5 歴史に錨を下ろす
6 旅の果てを眺める
7 物語に耳を傾ける
8 画面に目を凝らす
9 もっと、狐

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可