自分にやさしくする整体

片山 洋次郎

こんなに簡単に、
自分で整体できるなんて!

自分自身にそっとふれ、ゆっくりと簡単な体操をすることで、固まった身体をほぐし脱力し、心を解放する整体法。誰にでもできる入門書。イラスト満載。

自分にやさしくする整体
  • シリーズ:単行本
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0077
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2009/07/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-87800-7
  • JANコード:9784480878007
片山 洋次郎
片山 洋次郎

カタヤマ ヨウジロウ

1950年川崎市生まれ。東京大学教養学部中退。現在、身がまま整体 気響会主宰*。20歳台半ば、自身の腰痛をきっかけに〈整体〉に出会う。その後「野口整体」の思想に触発されながら独自の整体法の技術を作り上げ、「身も心もチョット楽になる方法」を提言している。著書に『整体からみる気と身体』『自分にやさしくする整体』(ちくま文庫)、『整体 楽になる技術』(ちくま新書)、『女と骨盤』(文藝春秋)などがある。*「身がまま整体 気響会」の電話番号は非公開ですが、講座などの情報はTwitterの「身がまま整体 気響会 @migamama_bot」にてネット閲覧できます。

この本の内容

伸びをすれば、ホルモン調整、ストレス軽減もできる。頭の後ろで手を組めば、呼吸は深く、自律神経も働きやすくなる。自然な動きを意識的に活用したセルフ整体の方法満載。体調別「自分で整体」チャートと、イラスト付き。

この本の目次

1 なにげないしぐさの中に整体がある(「頭をかかえちゃっている」ひとへ
「眼は心の窓」ですよね ほか)
2 もっと思いきり身をゆだねる(膝を抱えると
首をうなだれる ほか)
3 動きの中に安定がある(貧乏ゆすりで
「原始の歩き」は落ち着く ほか)
4 すべては間に起こる(「前向き」ばっかりでいいの?
「真正面」から向き合って ほか)

読者の感想

2009.7.31 ゆすら

 片山洋次郎さんの著書のなかで、一番わかりやすく親しみやすいと思います。文字どおり、やさしさにあふれる一冊です。
 知らず知らずのうちに強張っていた身体と心を、じんわりとほぐしてくれる一冊です。

 片山さん、編集者さん、出版社さん、ありがとう!

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可