サスキア・サッセン
サッセン,サスキア

オランダ生まれ。ブエノスアイレス国立大学、イタリア・ローマ大学卒業。米国インディアナ州ノートルダム大学で社会学修士・同博士・経済学博士号を取得。コロンビア大学(都市計画・建築)、シカゴ大学社会学教授を経て、コロンビア大学(社会学)教授。著書に『労働と資本の国際移動』『グローバル空間の政治経済学』(岩波書店)『グローバリゼーションの時代』(平凡社)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

グローバル・シティ ─ニューヨーク・ロンドン・東京から世界を読む

サスキア・サッセン 著  伊豫谷 登士翁 監訳  大井 由紀 翻訳  高橋 華生子 翻訳 

世界の経済活動は分散したのではない、特権的な大都市に集中したのだ。国民国家の枠組を超えて発生する世界の新秩序と格差拡大を暴く衝撃の必読書。

ちくま学芸文庫  文庫判   768頁   刊行日 2018/02/06  ISBN 978-4-480-09842-9
JANコード 9784480098429

定価:本体1,900 円+税

在庫  ○

グローバル・シティ  ─ニューヨーク・ロンドン・東京から世界を読む

サスキア・サッセン 著  伊豫谷 登士翁 監訳  大井 由紀 翻訳  高橋 華生子 翻訳 

支配・権力の源泉は今、国民国家から巨大都市へ。資本と労働力はここに集積し、格差拡大は加速する!そのダイナミズムを解くグローバリゼーション研究の必読書。

単行本  A5判   512頁   刊行日 2008/11/25  ISBN 978-4-480-86718-6
JANコード 9784480867186

定価:本体5,500 円+税

在庫  ○

  • 1