真弓 常忠
マユミ ツネタダ

大正12年、大阪市生まれ。旧制官立神宮皇學館大学に学び、住吉大社禰宜、皇學館大学教授を経て、八坂神社宮司、住吉大社宮司、現在、皇學館大学名誉教授、住吉大社名誉宮司、神社本庁教学顧問。著書に『日本古代祭祀の研究』『日本古代祭祀と鉄』『大嘗祭の世界』(以上学生社)、『神道の世界』『神道祭祀』(以上朱鷺書房)、『古代祭祀の構造と発達』『祭祀と歴史と文化』『真弓常忠著作選集(全4巻)』(以上臨川書店)などがある。

検索結果

前のページへ戻る
2件1~2件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

古代の鉄と神々

真弓 常忠 著 

弥生時代の稲作にはすでに鉄が使われていた! 原型を遺さないその鉄文化の痕跡を神話・祭祀に求め、古代史の謎を解き明かす。解説 上垣外憲一

ちくま学芸文庫  文庫判   272頁   刊行日 2018/07/09  ISBN 978-4-480-09870-2
JANコード 9784480098702

定価:本体1,100 円+税

在庫  ○

大嘗祭

真弓 常忠 著 

天皇の即位儀礼である大嘗祭は、秘儀であるがゆえ多くの謎が存在し、様々な解釈がなされてきた。歴史的由来や式次第を辿り、その深奥に迫る。

ちくま学芸文庫  文庫判   320頁   刊行日 2019/04/09  ISBN 978-4-480-09919-8
JANコード 9784480099198

定価:本体1,200 円+税

在庫  ○

  • 1