地球と存在の哲学 ─環境倫理を越えて

オギュスタン・ベルク 著 , 篠田 勝英 翻訳

自然と人間の危機を問い直す立脚点はどこにあるのか?この地球に住む人間の倫理とは? テクノロジーとエコロジーの彼方に近代性を越える風土の倫理学を構想。

地球と存在の哲学 ─環境倫理を越えて
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0210
  • 整理番号:83
  • 刊行日: 1996/09/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-05683-1
  • JANコード:9784480056832

この本の内容

自然と人間の危機を問い直す立脚点はどこにあるのか?地球がつねにすでに我々の住む風土である以上、人間の倫理はそこから出発しなければならない。人間は生態系や社会の尺度から個人の意識の尺度まで、重層する尺度のなかを生きている。それゆえ、人間の生は生態系のレヴェルの尺度に「没入」してもいるが、同時にそこから意志的に「出現」できる実存的な存在でもある。自然を客体化したテクノロジーの思想や逆に自然を主体化したエコロジー的全体論を越えて、その彼方に近代性を越える風土の倫理学を構想する意欲的な試み。

この本の目次

第1部 近代の限界(ヒューマニズムからその対極へ
母型の郷愁)
第2部 風土的なつながり(人間の住まいの尊重
「ここ」から宇宙へ―倫理の場所
帰属と自由)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可