介護保険を問いなおす

伊藤 周平

日本で五番めの社会保険が始まって一年。聞こえるのは不満の声ばかり。高齢化社会と国民負担の調和点はどこにあるのか。システムを解説し、制度改革の道を探る。

介護保険を問いなおす
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:297
  • 刊行日: 2001/06/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05897-4
  • JANコード:9784480058973
伊藤 周平
伊藤 周平

イトウ シュウヘイ

1960年山口県生まれ。労働省(現厚生労働省)、社会保障研究所(現国立社会保障・人口問題研究所)を経て、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。法政大学助教授、九州大学助教授、鹿児島大学法科大学院教授を経て。現在は鹿児島大学法文学部教授。専門は社会保障法。著者に『介護保険法と権利保障』(法律文化社、日本社会福祉学会学術賞受賞)『後期高齢者医療制度』(平凡社新書)『消費税が社会保障を破壊する』(角川新書)『社会保障のしくみと法』(自治体研究社)などがある。

この本の内容

二〇〇〇年四月の実施から一年、「介護の社会化」のかけ声の華やかさとは裏腹に、聞こえてくるのは「こんなはずではなかった」というとまどいと不満の声ばかり。導入以前よりサービスは減り、家族の負担は増え、福祉スタッフは過剰労働に疲れ、サービス事業者は経営難に陥るという現状の原因は何か。成立の事情がはらんでいるシステムの問題点を整理し、急速に進む高齢化社会を支える社会保障と国民負担の調和点を探る。

この本の目次

序章 介護保険の現実とどう向き合うか
第1章 介護保険のシステムと手続き
第2章 なぜ介護保険が導入されたのか
第3章 要介護認定はどう行われ、何をもたらしているか
第4章 負担は減ったのか、サービスはどう利用されているのか
第5章 介護事業と福祉労働はどうなっているか
第6章 介護保険と社会保障の将来

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可