位相群上の積分とその応用

アンドレ・ヴェイユ 著 , 齋藤 正彦 翻訳

ヴェイユ若き日の
重要著作

ハールによる「群上の不変測度」の発見、およびその後の諸結果を受け、より統一的にハール測度を論じた画期的著作。本邦初訳。

位相群上の積分とその応用
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ウ-18-2
  • 刊行日: 2015/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-09665-4
  • JANコード:9784480096654
アンドレ・ヴェイユ
アンドレ・ヴェイユ

ヴェイユ,アンドレ

1906-1998年。フランス生まれの数学者。1941年にアメリカに亡命し、シカゴ大学教授、プリンストン高等研究所教授等を歴任。ブルバキの創立メンバーの一人。

齋藤 正彦
齋藤 正彦

サイトウ マサヒコ

1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授。理学博士(パリ大学)。著書に『線型代数入門』(東京大学出版会)など、訳書にシュヴァレー『リー群論』(ちくま学芸文庫)などがある。

この本の内容

群空間上の積分に関する研究は、19世紀末のフルヴィッツを嚆矢とする。その後1933年にアルフレッド・ハールが「群上の不変測度」の存在を証明すると、フォン・ノイマンや角谷静夫らの発見が続き、30年代後半に群論はおおいに発展した。本書は可算公理を仮定することなく、それらの発見をより統一的にまとめることを試みたものである。ハール測度の性質にかんする議論は今もなお必読に値する。初版刊行から70年、待望の邦訳。

この本の目次

第1章 位相群
第2章 ハール測度
第3章 合成積
第4章 線型表現の一般性質
第5章 コンパクト群の理論
第6章 局所コンパクト・アーベル群の理論
第7章 任意の群からのコンパクト群への表現

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可