東京ひがし案内

森 まゆみ

東側には魅力がいっぱい
webちくまの人気連載を文庫化

庭園、建築、旨い食べ物といっても東京の東地区は年季が入っている。日暮里、三河島、三ノ輪など38箇所を緻密なイラストと地図でご案内。

東京ひがし案内
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:も-11-8
  • 刊行日: 2010/04/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-42700-7
  • JANコード:9784480427007
森 まゆみ
森 まゆみ

モリ マユミ

一九五四年東京生まれ。八四年「谷中・根津・千駄木」創刊。地域史研究、文化財保存に尽力し、各新聞書評委員、文化庁文化審議会委員など歴任。日本ナショナルトラスト理事。近著に『千駄木の漱石』(ちくま文庫)、『子規の音』(新潮社)、『暗い時代の人々』(亜紀書房)、『「青鞜」の冒険――女が集まって雑誌をつくるということ』(集英社文庫)、『環境と経済がまわる、森の国ドイツ』(晶文社)など多数。

著者からのメッセージ

ふらっと行って、さらっと飲んで――“ひがし の魅力[全文を読む]

この本の内容

東京の東側に魅かれるという著者が歩くのは神保町、浅草、日暮里、三河島、根岸、三ノ輪、町屋など38箇所。街を見下ろす大木、朽ちた古井戸、寺社、庭園に思いもかけない物語がある。そこでの歴史を知ることで陰影のある風景が浮上する。先人たちの生活に思いを馳せ、舌鼓の打てる散歩ルートを、緻密なイラストと地図を添えて紹介。

この本の目次

水道橋―ふしぎな三角地帯
お茶の水―橋の上から望む神田川
小川町―ドキュメンタリーを見に行く
神保町―本とカレーと中華料理
湯島―ラブホテルと天神様
上野公園―美術館は金曜の夜に
不忍池―明治のころ競馬場があった
谷中―元祖七福神めぐり
千駄木―鴎外の観潮楼、漱石の「猫の家」
根津―神社の門前に遊廓〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可