石川 文康
イシカワ フミヤス

1946年、北海道に生まれる。同志社大学大学院博士課程修了。ドイツ、ハイデルベルク大学、ボン大学に留学。ミュンヘン大学、トリアー大学にて客員研究。東北学院大学教授、日本カント協会役員を歴任。哲学博士(Dr.phil.)。専門はカントを中心とする近世ヨーロッパ哲学。国際学会での学術講演や研究雑誌への寄稿など、海外におけるカント哲学研究の最前線で活躍。著書に"Kants Denken von einem Dritten"(ドイツにて刊)、『カントはこう考えた』『そば打ちの哲学』(以上、筑摩書房)、『カント 第三の思考』『良心論――その哲学的試み』(名古屋大学出版会)などがある。2013年2月没。

検索結果

前のページへ戻る
8件1~8件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

純粋理性批判 (上)

イマヌエル・カント 著  石川 文康 翻訳 

哲学史上、不朽の名著とされるカント『純粋理性批判』。ドイツ本国を中心とした研究の進展による新資料の発掘、そして厳密なテキストクリティーク。訳者が畢生の仕事として残した全面新訳。

単行本  四六判   400頁   刊行日 2014/03/05  ISBN 978-4-480-84741-6
JANコード 9784480847416

定価:本体3,600 円+税

在庫  ○

純粋理性批判 (下)

イマヌエル・カント 著  石川 文康 翻訳 

わが国における数少ない国際派カント研究の第一人者であった石川文康氏が、最新の研究成果をふまえ、畢生の仕事として全身全霊を賭けて取り組んだ全面新訳。

単行本  四六判   576頁   刊行日 2014/03/05  ISBN 978-4-480-84742-3
JANコード 9784480847423

定価:本体4,500 円+税

在庫  ○

そば打ちの哲学

石川 文康 著 

そばを打ち、食すとき、知性と身体と感覚は交錯し、人生の風景が映し出される――この魅惑的な世界を楽しむためのユニークな入門書。 <br /> 【解説: 四方洋 】

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2013/04/10  ISBN 978-4-480-43047-2
JANコード 9784480430472

定価:本体780 円+税

カントはこう考えた ─人はなぜ「なぜ」と問うのか

石川 文康 著 

カントの根源的な問いとは何だったのか。『純粋理性批判』の核心を読み解き、「理性」の起死回生ドラマをわかりやすく解き明かす画期的入門書。

ちくま学芸文庫  文庫判   288頁   刊行日 2009/05/11  ISBN 978-4-480-09214-4
JANコード 9784480092144

定価:本体1,000 円+税

そば往生

石川 文康 著 

種を蒔き、石臼をまわして粉を挽く、たかが手打そば。なぜ旨い! そば打ちの哲学者による、西から北へのそば街道美味巡礼。喉ごし実感の打ちたてエッセイ。

単行本  四六判   208頁   刊行日 2002/11/07  ISBN 4-480-87745-2
JANコード 9784480877451

定価:本体1,600 円+税

カントはこう考えた ─人はなぜ「なぜ」と問うのか 

石川 文康 著 

問うことなくして哲学はない。カントの問いを出発点に、理性が演じるドラマに光をあて、問うことの哲学の醍醐味を丹念に説き明かす、初学者のための哲学入門。

単行本  四六判   224頁   刊行日 1998/08/25  ISBN 4-480-84248-9
JANコード 9784480842480

定価:本体2,000 円+税

そば打ちの哲学

石川 文康 著 

哲学とそば打ち、そこにはどんな関係があるのか。自分で種を播き、粉をひいて打つ。単純だが、決して容易でないそば打ちの極意を伝授し、愉楽を説くそば通入門。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 1996/11/19  ISBN 4-480-05688-2
JANコード 9784480056887

定価:本体720 円+税

カント入門

石川 文康 著 

哲学史上不朽の遺産『純粋理性批判』を中心に、その哲学の核心を平明に読み解くとともに、哲学者の内面のドラマに迫り、現代に甦る生き生きとしたカント像を描く。

ちくま新書  新書判   240頁   刊行日 1995/05/18  ISBN 978-4-480-05629-0
JANコード 9784480056290

定価:本体820 円+税

在庫  ○

  • 1