現代の古典解析  ─微積分基礎課程

森 毅

おなじみ一刀斎の秘伝公開! 極限と連続に始まり、指数関数と三角関数を経て、偏微分方程式に至る。見晴らしのきく、読み切り22講義。

現代の古典解析  ─微積分基礎課程
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,320円(税込)
  • Cコード:0141
  • 整理番号:モ-6-3
  • 刊行日: 2006/10/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-09010-X
  • JANコード:9784480090102
森 毅
森 毅

モリ ツヨシ

1928年東京生まれ。東京大学数学科卒業。京都大学教養部教授を長く務める。著書に『まちがったっていいじゃないか』(ちくま文庫)、『数学の歴史』(講談社学術文庫)、『対談 数学大明神』(安野光雅氏と共著、ちくま学芸文庫)ほか多数。2010年7月逝去。

この本の内容

古典的な微積分の基礎課程を、見晴らしのきく小高い現代的な立場から眺め渡した、読みきり22講義。「不等号と論理」「極限と連続」「実数の基本性質」に始まり、「指数関数と三角関数」「収束の一様性」「曲線と曲面」を経て「複素変数関数」「フーリエ変換と超関数」「偏微分方程式」に至る、解析学メインルート。講義の最中、時折もらす森一刀斎のつぶやきは、濃い霧の中を行く初学者にとって、そのむこう、ゆるやかに広がる景色と地形を髣髴とさせる。「そうだったのか!」とひざを叩かせる、解析学の秘伝公開。

この本の目次

不等号と論理
極限と連続
実数の基本性質
微分(differential)
指数関数と三角関数(円関数)
微分を使って
近似と極限
差和分と微積分
2階微分
微分作用素
積分と密度微分
収束の一様性
微積分と連続関数
面積と体積
ガンマ関数をめぐって
曲線と曲面
ベクトル解析
解析性
複素変数関数
フーリエ級数
フーリエ変換と超関数
偏微分方程式をめぐって

読者の感想

2008.6.04 mobiwan

大学時代に数学に大いに迷ってた私に一筋の光明を与えてくれたgay mathのシリーズの傑作と思います。
是非、是非とも、少数の発刊部数でも結構ですから、gay mathの「現代の古典解析」「位相のこころ」の最後のピース、「ベクトル解析」もどうか「ちくま学芸文庫」で発刊していただきたく思います。どうかよろしくお願いします。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可