昭和史講義【戦後篇】(下)

筒井 清忠 編集

最先端の実証研究者による『昭和史講義』シリーズ、満を持しての戦後篇。下巻は55年体制成立以降、主に1950年代後半から昭和の終わりまでを扱う。

昭和史講義【戦後篇】(下)
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0221
  • 整理番号:1509
  • 刊行日: 2020/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-07341-9
  • JANコード:9784480073419
筒井 清忠
筒井 清忠

ツツイ キヨタダ

1948年生まれ。帝京大学文学部日本文化学科教授・文学部長。東京財団上席研究員。専門は日本近現代史、歴史社会学。著書『昭和戦前期の政党政治』(ちくま新書)、『二・二六事件とその時代』(ちくま学芸文庫)、『近衛文麿』『日本型「教養」の運命』(以上、岩波現代文庫)、『西條八十』(中公文庫)など。

この本の内容

最先端の研究者が、一般読者に向けて実証研究の最新成果をわかりやすく説き明かす昭和史講義シリーズ・待望の戦後篇。下巻では、高度成長時代の端緒となった石橋内閣からバブル期、昭和の終焉までの時期を扱う。岸内閣と安保改定、東南アジア外交や日中国交正常化、日韓基本条約、沖縄返還などの外交問題から、政官関係、東京五輪、全共闘運動、公害・環境や歴史認識、石油危機、新自由主義といった国内政治・経済の諸問題までを二一の多彩なテーマで詳説。戦後史入門の決定版。

この本の目次

石橋湛山内閣―高度経済成長への序曲
安保改定
安保闘争と新左翼運動の形成
岸内閣の内政と外交
対東南アジア外交の展開―一九五〇〜六〇年代
池田内閣と高度経済成長
政治家・官僚関係の新展開―一九五〇〜六〇年代
日中民間貿易と国交正常化
東京オリンピック
佐藤長期政権
日韓基本条約
全共闘運動・三島事件・連合赤軍事件
沖縄返還
公害・環境問題の展開
原子力・核問題
石油危機
田中角栄の時代
ロン・ヤス関係―個人的信頼関係と日米外交
歴史認識問題
国鉄等の民営化と新自由主義のはじまり
バブル時代の政治

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可