池内 紀
イケウチ オサム

1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。主な著書に、『ウィーン・都市の詩学』(73年)、『諷刺の文学』(78年・亀井勝一郎賞)、『海山のあいだ』(94年・講談社エッセイ賞)、『見知らぬオトカム――辻まことの肖像』(97年)、『ゲーテさんこんばんは』(2001年・桑原武夫学芸賞)、『二列目の人生』(03年)、『ひとり旅は楽し』(04年)、『森の紳士録』(05年)、『池内紀の仕事場』(全8巻・04年−05年)など。主な訳書に、カネッティ『眩暈』(1972年)、ジュースキント『香水』(88年)、ロート『聖なる酔っ払いの伝説』(89年)、ゲーテ『ファウスト』(99年・毎日出版文化賞)、『カフカ小説全集』(全6巻・2000年−02年・日本翻訳文化賞)など。

検索結果

前のページへ戻る
28件21~28件を表示しています。
       昇順に並び替え 降順に並び替え

ケストナーの「ほらふき男爵」

E・ケストナー 著  池内 紀 翻訳  泉 千穂子 翻訳 

「ドン・キホーテ」「ガリバー旅行記」など、おなじみのおはなしもケストナーが語りなおすと、ほら、この通り! 挿絵たくさんの楽しい本。

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 2000/01/06  ISBN 4-480-03532-X
JANコード 9784480035325

定価:本体950 円+税

新ちくま文学の森 全16巻

鶴見 俊輔 編集  安野 光雅 編集  森 毅 編集  井上 ひさし 編集  池内 紀 編集 

従来の評価や作家名にとらわれることなく、あらゆる文章のジャンルの中からよりすぐりの作品を編んだ「ちくま文学の森」に続く新しいシリーズです。( )内の人名は解説者。

シリーズ・全集  その他   刊行日 1996/01/22  ISBN 4-480-10120-9
JANコード 9784480101204

定価:本体27,968 円+税

ケストナーの「ほらふき男爵」

E・ケストナー 著  池内 紀 翻訳  泉 千穂子 翻訳 

鮮かに甦った名作六篇。リズムとテンポが、筋の運びと速さが、人物の描き方、光の当て方が微妙にちがう。著者、画家、訳者の絶妙なコンビによるカラー豪華本。

単行本  A5判   312頁   刊行日 1993/02/19  ISBN 4-480-83134-7
JANコード 9784480831347

定価:本体3,398 円+税

グリム童話(上)

グリム兄弟 著  池内 紀 翻訳 

「狼と七ひきの子やぎ」「ヘンゼルとグレーテル」「灰かぶり姫」「赤ずきん」「ブレーメンの音楽隊」、新訳「コルベス氏」等32篇。新鮮な名訳が魅力だ。

ちくま文庫  文庫判   336頁   刊行日 1989/12/04  ISBN 978-4-480-02356-8
JANコード 9784480023568

定価:本体940 円+税

在庫  ○

グリム童話(下)

グリム兄弟 著  池内 紀 翻訳 

「いばら姫」「白雪姫」「水のみ百姓」「きつねと猫」などに「すすまみれ悪魔の弟」など新訳6篇を加え34篇を歯切れのよい名訳で贈る。

ちくま文庫  文庫判   352頁   刊行日 1989/12/04  ISBN 978-4-480-02357-5
JANコード 9784480023575

定価:本体950 円+税

在庫  ○

ウィーン ─ある都市の物語

池内 紀 著 

「ここには時間は存在しない……ここにはなお世紀末が残っている」。コーヒーをすすりつつ聖シュテファン寺を見やれば思いは巡って都市論となる。

ちくま文庫  文庫判   288頁   刊行日 1989/09/26  ISBN 4-480-02347-X
JANコード 9784480023476

定価:本体544 円+税

温泉百話 東の旅

種村 季弘 編集  池内 紀 編集 

読むだけで温まる温泉エッセイ50篇。東日本の名湯秘湯――下部、鳴子、熊ノ湯などを、坂口安吾、徳川夢声、内田百{@EBD5}らの随筆で案内。

ちくま文庫  文庫判   480頁   刊行日 1988/02/23  ISBN 4-480-02200-7
JANコード 9784480022004

定価:本体680 円+税

温泉百話 西の旅

種村 季弘 編集  池内 紀 編集 

居ながらにして名湯秘湯を訪ねられる、温かい温泉エッセイ40篇。西日本の温泉を野坂昭如、田中小実昌らの味わい深い随筆で紹介する。

ちくま文庫  文庫判   448頁   刊行日 1988/02/23  ISBN 4-480-02201-5
JANコード 9784480022011

定価:本体680 円+税