アントニオ・ネグリ講演集 上 (帝国〉とその彼方

アントニオ・ネグリ 著 , 上村 忠男 翻訳 , 堤 康徳 翻訳 , 中村 勝己 翻訳

ネグリの最新講演集

国民国家、市民権、社会主義、ユートピア……グローバル化が進む現代のさまざまな「運動」を横断し、ポスト社会主義の諸政策を展望する。

アントニオ・ネグリ講演集 上 (帝国〉とその彼方
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ネ-2-1
  • 刊行日: 2007/08/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-09094-2
  • JANコード:9784480090942
アントニオ・ネグリ
アントニオ・ネグリ

ネグリ,アントニオ

1933年、イタリアのパドヴァ生まれの政治哲学者にして革命運動家。マルクスやスピノザの研究で知られ、パドヴァ大学、パリ第八大学、国際哲学院などで教鞭をとる。79年、モロ首相誘拐殺人事件に関与した疑いで投獄される。83年、フランスに亡命。97年、帰国後刑に服す。03年、完全自由の身になる。著書に『〈帝国〉』『マルチチュード』(以上、M・ハートとの共著)、『〈帝国〉をめぐる五つの講義』などがある。

上村 忠男
上村 忠男

ウエムラ タダオ

1941年尼崎市に生まれる。現在、東京外国語大学名誉教授。学問論・思想史。著書:『ヴィーコの懐疑』(1988)、『歴史家と母たち??カルロ・ギンズブルグ論』(1994)、『ヘテロトピアの思考』(1996)、『バロック人ヴィーコ』(1998)、『歴史的理性の批判のために』(2002)、『超越と横断』(2002)、『グラムシ 獄舎の思想』(2005)、『韓国の若い友への手紙』(2006)、『無調のアンサンブル』(2007)、『現代イタリアの思想をよむ』(2009)、『ヴィーコ??学問の起源へ』(2009)など。訳書:ヴィーコ、クローチェ、グラムシ、ギンズブルグ、アガンベン、スピヴァクのものなど多数。

堤 康徳
堤 康徳

ツツミ ヤスノリ

1958年生まれ。イタリア文学研究者。訳書に『涜神』(共訳)『バウドリーノ』『黒い天使』『トリエステの謝肉祭』など。

この本の内容

拘束が解かれた2003年から2004年にかけてアントニオ・ネグリが精力的に世界の各地で行った講演が一冊に。グローバリゼーションが進む現代のさまざまな「運動」を横断し、それらの「運動」が呈している分節化の状況とそこから生み出されるオルターナティヴについて語る一方、『“帝国”』についての諸相を辿りなおし、ポスト社会主義の政策を展望する。“帝国”の時代における国家、社会、経済、そして人間のゆくえは!『マルチチュード』以降の道標として、政治哲学者にして革命運動家でもあるネグリの思想の最も熱い部分を明快かつ簡潔に。本邦初訳。

この本の目次

第1部 “帝国”とその彼方(“帝国”とその彼方、アポリアと矛盾
“帝国”のための公理体系
“帝国”のなかのユートピアと抵抗
“帝国”と市民権
“帝国”の移動を生きる―闘争するために
抵抗とマルチチュード
平和と戦争
“帝国”の時代とマルチチュードの時間における芸術と文化
マルクス―“帝国”と帝国主義)
第2部 ポスト社会主義政治(新自由主義的経済政策への社会的対抗策
“帝国”内におけるポスト社会主義の政治
“帝国”の新局面
都市型民主主義
新たな福祉のために)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可