本当は恐ろしい日本の道徳/河野哲也

 ちくま新書からこのたび出版された拙著では、新しい道徳教育のあるべき姿について論じた。この本のなかで私は、自分が従来の徳育に感じてきた二つの「なぜ」に答えようと試みた。
 ひとつ目の「なぜ」は、「どうして日本の道徳教育は、こんなにも辛気臭く、説教臭いのか」というものである。
 たとえば、中学校の指導要領に見られる「道徳的」価値のいくつかを列挙してみよう。「礼儀」「感謝」「公徳心と社会的連帯」「勤労と奉仕の精神」「父母・祖父母への敬愛」「社会の一員としての自覚」「日本人としての愛国心」。
 私の感覚からすれば、見るだけで鬱陶しくなる言葉ばかりが並んでいる。全く聴く気になれない授業になりそうだ。
 道徳教育は、「道徳」の時間のなかでだけ行われるものではない。石原千秋が『国語教科書の思想』(ちくま新書)で見事に分析している通り、戦後、日本では、国語教育が道徳教育の役割を担ってきた。特定の人物像を理想像に据えて、それを目指すというパターナリスティックな徳育だ。さらに石原によれば、近年、『心のノート』という「不気味な『道徳教育』の冊子」が作られ、「明らかに権力に都合のいい内面の共同体を作りだそうとする」意図が窺えるという。石原の指摘には全く同意できる。
 日本の道徳教育が胡散臭いのは、単純に言って、個人の尊厳、各人の自由、人間の多様性を軽視しているからだ。個人を尊重しない道徳教育は、結局は、集団への帰属と貢献ばかりを強調する全体主義的強制と変わらなくなる。
 二つ目の「なぜ」は、組織不正の問題だ。バブル崩壊以後、組織的な不正・不祥事はひっきりなしにマスコミをにぎわし、深刻な社会不信をまねいてきた。組織不正とは、問題が一部の悪意ある人間によって引き起こされたのではなく、組織構造や業務のあり方全体に起因している不正をいう。個人としては小さな犯罪さえ起こさない人たちが、組織人としては驚くべき数の人に危害を与え、人の命を奪うことさえある。さらに、その罪にまったく無頓着であることも多い。
 侵略戦争、奴隷制、民族虐殺、差別、搾取。人間の巨大な罪のすべては、集団行動の産物である。なぜ、「善人」の集団から巨悪が生じるのか。どうすればそれを防げるか。これまでの倫理教育は、個人の行動に焦点を当てていた。しかし、自分の所属する集団を道徳的に善きものにしていくという組織作り・社会作りの視点がなければ、集団の悪は決して防げない。
 以上の二点、すなわち、「個人の尊厳」と「善き集団形成」が拙著での道徳教育の原則となっている。そして、「現代社会における道徳教育とは、リベラルな民主主義社会を維持し、発展させる働きを担う主権者を育成することだ」と結論した。あるべき道徳教育とは、民主主義の主権者を育成することである。
 民主主義は、単なる政治制度ではない。それは、道徳性を中核にした思想運動であり、他者との共同の範囲を拡大して、より多くの人々を包括する社会を作ろうとする道徳的実践である。民主主義が進歩するのは、これまで社会の傍流に属し、不当にその利益が無視されてきた人びとへの共感によってである。
 私見によれば、日本人は、しばしば、弱肉強食的な考えを好み、権力主義的な傾向を強く持った人々であり、他者への共感と想像力に甚だしく欠けている。日本人の同調志向や協調性は、その権力主義から理解されるべきである。だが、それは、おそらく、彼・彼女らの向上心と勤勉さの裏返しでもあるのだ。しかも、明治以来の立身出世的な教育指針が、この傾向を後押ししてしまっている。教育者たちはこの逆説に無自覚だ。
 日本の子どものための道徳教育は、個人の存在をそのままに肯定し、人間を包み込む(インクルードする)姿勢に立脚すべきである。この社会では、そうした共感の制度化としての民主主義の価値を、繰り返して、強く主張する必要がある。
(こうの・てつや 立教大学文学部教授)

『道徳を問いなおす リベラリズムと教育のゆくえ』 詳細
河野哲也 著

    2008

  • 2008年1月号
  • 2008年2月号
  • 2008年3月号
  • 2008年4月号
  • 2008年5月号
  • 2008年6月号
  • 2008年7月号
  • 2008年8月号
  • 2008年9月号
  • 2008年10月号
  • 2008年11月号
  • 2008年12月号

    2007

  • 2007年1月号
  • 2007年2月号
  • 2007年3月号
  • 2007年4月号
  • 2007年5月号
  • 2007年6月号
  • 2007年7月号
  • 2007年8月号
  • 2007年9月号
  • 2007年10月号
  • 2007年11月号
  • 2007年12月号

    2006

  • 2006年9月号
  • 2006年10月号
  • 2006年11月号
  • 2006年12月号

「ちくま」定期購読のおすすめ

「ちくま」購読料は1年分1,000円です。複数年のお申し込みも最長5年まで承ります。 ご希望の方は、下記のボタンを押すと表示される入力フォームにてお名前とご住所を送信して下さい。見本誌と申込用紙(郵便振替)を送らせていただきます。

電話、ファクスでお申込みの際は下記までお願いいたします。

    筑摩書房営業部

  • 受付時間 月〜金 9時15分〜17時15分
    〒111-8755 東京都台東区蔵前2-5-3
TEL: 03-5687-2680 FAX: 03-5687-2685 ファクス申込用紙ダウンロード