なぜロバート・キヨサキは読まれ続けるのか/井上純子

 ベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者として日本でもお馴染みのロバート・キヨサキだが、投資家・教育者としての実像があまり知られていないのは残念に思う。
 キヨサキと出会ってもう十年以上になる。ミリオンセラーの著者として来日した本人と彼の妻キムに通訳として付いたのが始まりだ。以来、日本の出版社や協力者の方々と夫妻の教育会社をつなぐお手伝いをさせていただいている。
 キヨサキは、昨年五月もアジア講演ツアーでアドバイザーやスタッフと共に来日し、最新情報が満載の一日セミナーを行って好評を博した。講演では、大規模な開発プロジェクトや石油掘削会社など、彼らが実際に行っている投資も映像を交えて紹介された。
「投資」と聞くと「胡散臭い」と思われる方も多いかと思う。だが彼のメッセージに共感する人はますます増えている。
 事実、彼の著書は、とくに若年層のビジネスパーソンの愛読書としていつもトップまたは上位にランキングされている。二〇〇〇年十一月の『金持ち父さん 貧乏父さん』刊行以来、邦訳は二十冊を超え、今も全冊が売れている。その人気の理由が、私にはわかるような気がする。
 何と言ってもキヨサキは「難解なトピックを平易に語る天才」だ。その分かりやすさに私自身、彼のインタビュー通訳や著作翻訳の最中に驚かされることもしばしばだ。
 そして「先見の明」がある。「マイホームは負債だ、資産ではない」と言い切り、世界に衝撃を与えた。不動産バブルの崩壊、サブプライム問題、ユーロ危機、格差の拡大も何年も前から警告していた。非難も浴びたが、彼の「予言」通りになった。
 また、九歳でお金について学び始めて以来の、長年にわたる教育と経験の積み重ねがある。それらは彼の著作の中で多く語られているが、彼は自分の間違いや失敗を隠さないし、そこで学んだことをその後の投資に活かしている。
 さらに、彼自身も投資家・教育者として成長し続けている。ビジネスとして「金持ち父さん」ブランドを確立し、知的財産を管理し、アドバイザーで脇を固め、世界中に的確なファイナンシャル教育コンテンツを提供することに努めている。
 とくにドナルド・トランプとの共著活動をきっかけに、一段とその規模が大きくなった印象を受ける。二人とも世界的な経済格差の拡がりを憂えており、「貧困者という問題になるのではなく金持ちという解決者になれ」と読者に呼びかけている。
 キヨサキの最大の幸運は、キムというパートナーに恵まれたことだろう。本人の言う通り、彼女なしにはこれほどの成功はなかったと思う。キムは前向きで明るい女性だが、決してブレない強さでいつも彼の背中を押してきた。キヨサキも、最愛の女性を大型物件をいくつも所有する不動産投資家に育てたのだから、二人はまさにパーフェクトカップルだと言えるだろう。
 成功した彼が今も著作や講演を続けているのは「世の中にお返しをする」ためで、「ファイナンシャル教育」こそが「人々の経済的な幸福度を向上させる」と確信しているからだ。
 昨年十月、日本のネット上で「金持ち父さん倒産騒動」が持ち上がったが、わずかなファイナンシャル教育があれば、元記事を読んだだけで単なる資産防衛の顛末ということがわかったはずだ。教育の有無が、情報に踊らされる人と情報を活用する人とを分かつ時代になっていることを痛感させられた。
 来日した時、ある人がキヨサキにこう叫んだのを覚えている。「あなたは運が良かっただけだよ!」すかさず彼は叫び返した。「私はその『運』を自分で創ったんだ!」
 ロバート・キヨサキとキム・キヨサキ、アドバイザーたちが、教育のためにますます活躍してくれることを祈っている。
(いのうえ・じゅんこ 翻訳家)

『黄金を生み出すミダスタッチ――成功する起業家になるための5つの教え』 詳細
ドナルド・トランプ、ロバート・キヨサキ著 白根美保子訳

    2008

  • 2008年1月号
  • 2008年2月号
  • 2008年3月号
  • 2008年4月号
  • 2008年5月号
  • 2008年6月号
  • 2008年7月号
  • 2008年8月号
  • 2008年9月号
  • 2008年10月号
  • 2008年11月号
  • 2008年12月号

    2007

  • 2007年1月号
  • 2007年2月号
  • 2007年3月号
  • 2007年4月号
  • 2007年5月号
  • 2007年6月号
  • 2007年7月号
  • 2007年8月号
  • 2007年9月号
  • 2007年10月号
  • 2007年11月号
  • 2007年12月号

    2006

  • 2006年9月号
  • 2006年10月号
  • 2006年11月号
  • 2006年12月号

「ちくま」定期購読のおすすめ

「ちくま」購読料は1年分1,000円です。複数年のお申し込みも最長5年まで承ります。 ご希望の方は、下記のボタンを押すと表示される入力フォームにてお名前とご住所を送信して下さい。見本誌と申込用紙(郵便振替)を送らせていただきます。

電話、ファクスでお申込みの際は下記までお願いいたします。

    筑摩書房営業部

  • 受付時間 月〜金 9時15分〜17時15分
    〒111-8755 東京都台東区蔵前2-5-3
TEL: 03-5687-2680 FAX: 03-5687-2685 ファクス申込用紙ダウンロード