筑摩書房 INFORMATION&TOPICS

3月31日(金)お食事処 花篭で、食文化史研究家 飯野亮一先生による“《歌舞伎座×ちくま大学》 「すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ 江戸四大名物食の誕生」出版記念講演”第4回を開催します。



今回のテーマは「天ぷら」。屋台から発生したファーストフード天ぷらが、改良を重ね、江戸名物になるまでをご紹介。
毎回おたのしみの実食のお時間では、今や幻となってしまった「小肌の天ぷら」を召し上がっていただきます。江戸前を代表する鮨ダネとしておなじみの小肌は、当時、天ダネとしても楽しまれていました。
目からウロコの逸話や薀蓄満載の講座に、ぜひお越しください!

※第1回~第3回の様子はこちらをご覧ください。

■講師
飯野亮一 先生(食文化史研究家。服部栄養専門学校理事・講師)

■日時
3月31日(金)
 受付:午前11時
 講演:午前11時30分~(食事12時30分~)

■会費
お一人様 3,800円(税込)
※現金にてお支払い願います。尚、お支払い後の返金はお受けできません。
※お飲物は含まれておりませんので別途ご注文ください。

■会場
歌舞伎座3階『お食事処 花篭』

■お申込み・お問い合わせ

歌舞伎座サービス株式会社 担当:西村・高野
電話:03‐3545‐6820(受付時間 午前10時~午後5時)
FAX:03‐3545‐6559



第33回太宰治賞二次選考通過作品を発表いたしました。
通過作品はこちら

第33回太宰治賞一次選考通過作品を発表いたしました。

通過作品はこちら

ちくま新書『LGBTを読みとく』(森山至貴著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】
124ページ10行目
(誤)「クィア(gueer)」
(正)「クィア(queer)」

代官山蔦谷書店さんで、開催中の
「下田直子の手芸術」フェアに合わせて、ワークショップも開催!
下田さんにじかに教わることができる、またとないチャンスです。
作るのは、かぎ針で編む、ふっくらとしたシックなブローチ! これは素敵!!
日時:2月14日(火)19時から
詳細は、http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/01/post-258.html




『下田直子の手芸術 手芸がどんどん楽しくなる54のお話とつくり方のコツ』刊行を記念して、代官山蔦谷書店で、下田直子さんのフェアが開かれます。
書籍はもちろん、素敵ながま口やポーチのキットや雑貨もたくさん。

期日:2月1日から28日まで、
場所:蔦屋書店3号館 1階 ブックフロア

詳細は、http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/01/post-257.html


単行本『「本をつくる」という仕事』(稲泉連著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】
180ページ見出し
(誤)平賀さんから引き継ぐ記憶
(正)平野さんから引き継ぐ記憶

2017年1月社員募集要項を掲載しました。
詳しくはこちらをご覧下さい。
ちくまプリマー新書『感染症医が教える性の話』(岩田健太郎著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】
193ページ最終行から2行目
(誤)最高裁も夫婦別姓を
(正)最高裁も夫婦同姓を

井上由季子著『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』を2月上旬に刊行いたします。
両親の入院をきっかけにして、著者の井上さんが実行したことは?!
病を得た人の心配やつらさに寄り添うために、私たちにもできることを考えます。
この本の刊行を記念して、京都・二条城近くのモーネ工房では
2月12日(日)~19日(日)まで出版記念展が開かれます。
あわせて、2月11日には、スライドトーク「きっとちゃんと届いているんだと思う」を開催。
詳しくは、こちら→http://kompis.exblog.jp/25397119/