筑摩書房 INFORMATION&TOPICS

明治史をテーマとした、青山学院大学史学科・史学会50周年記念シンポジウムが開催されます。登壇される7人の先生は、いずれも『明治史講義【テーマ篇】』『明治史講義【人物篇】』(ちくま新書)と『はじめての明治史』(ちくまプリマー新書)のご執筆者です。明治史研究の最新の到達点を知るまたとない機会。ぜひご参加ください(会場で、上記3冊の特価販売もいたします)。

開催日時:2018年12月15日(土)15時~17時30分
開催場所:青山学院大学 渋谷キャンパス総研ビル11階 第19会議室
予約不要・無料
詳しくはこちら
http://www.cl.aoyama.ac.jp/history/information/news.html


小林和幸編『明治史講義【テーマ篇】』詳細




筒井清忠編『明治史講義【人物篇】』詳細


山口輝臣編『はじめての明治史』詳細

『モンゴル人の中国革命』(ちくま新書)の著者、楊海英氏(静岡大学教授)のトークイベントが12月21日(金)に神保町で開催されます。

楊海英さん×石井妙子さん トーク&サイン会、
「日本とモンゴル人の中国革命──「馬賊」と英雄からみた北東アジアの20世紀」

日時:2018年12月21日(金)18時30分~
会場:ハロー会議室神保町8階
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビル8階
(三省堂書店神保町本店の斜め向かいのビル。1階にMt.石井スポーツ神田本館)
要予約(先着50名、03-3233-3312 午前10時~午後8時)
参加料¥500(三省堂書店神保町本店にてお支払いください。参加券を差し上げます)

詳しくはこちら
http://jinbocho.books-sanseido.co.jp/events/4411


内モンゴルを故郷とし、中国で学び、日本で活動する歴史人類学者・楊海英氏が最新刊の『最後の馬賊──「帝国」の将軍李守信』(講談社)、『モンゴル人の中国革命』(ちくま新書)を踏まえて、モンゴルの激動の歴史と日本との密かな関わりについて、縦横無尽に語ります。聞き手は『原節子の真実』の著者でノンフィクション作家の石井妙子さん。祖父が内モンゴルと関わりのあったという石井さんが、秘められた歴史の真実を聞き出します。


楊海英『モンゴル人の中国革命』詳細