筑摩書房 INFORMATION&TOPICS

このたび12月19日(火)に予定しておりました第八回八重洲「本書く派寄席」柳家さん喬・高座&サイン会は、諸般の事情により、下記の通り12月27日(水)に日程を変更させていただくことになりました。

 すでにお申し込みをいただいた方、当日の高座を楽しみにされていた方、遠方より来場を予定されていた方々にはまことに申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

〈変更後〉
  【日時】12月27日(水)19:00〜(開場:18時30分)
【場所】八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー    

 変更になった日程でもぜひとも足をお運びいただけますよう願っております。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社筑摩書房 
柳家さん喬 
八重洲ブックセンター

ちくま学芸文庫『図説 和菓子の歴史』(青木直己著)の第一刷に間違いがございました。
下記の通り訂正し、関係各位および読者のみなさまに深くお詫び申し上げます。

【訂正箇所】30ページ 図
(下記の図に差替えいたします)

『集古図』(国立国会図書館デジタルコレクション)

ちくま新書『LGBTを読みとく』(森山至貴著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】
124ページ10行目
(誤)「クィア(gueer)」
(正)「クィア(queer)」

単行本『「本をつくる」という仕事』(稲泉連著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】
180ページ見出し
(誤)平賀さんから引き継ぐ記憶
(正)平野さんから引き継ぐ記憶

ちくまプリマー新書『感染症医が教える性の話』(岩田健太郎著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】
193ページ最終行から2行目
(誤)最高裁も夫婦別姓を
(正)最高裁も夫婦同姓を

ちくま新書『ルポ 児童相談所』(慎泰俊著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

[訂正箇所]
P180 図22
(下記の図に差替えいたします)

ちくま新書『「ココロ」の経済学』(依田高典著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】

132ページ最終行⇒削除
(133ページ1行目と重複していたため)

ちくま新書『イノベーションはなぜ途絶えたか』(山口栄一著)に間違いが
ありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】

68ページ6行目
(誤)その後もゼロックスのPARC(パロアルト研究所)がなくなり、

(正)その後もゼロックスのPARC(パロアルト研究所)から物性研究がなくなり、

筑摩選書『これからのマルクス経済学入門』(松尾匡/橋本貴彦著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】

<追加訂正分>

191ページ 注ⅳ
(誤) 『価値、価格と利潤の経済学』(勁草書房、一九四四年)
(正) 『価値、価格と利潤の経済学』(勁草書房、一九九四年)
*「一九四四年」→「一九九四年」


<2016.9.8 訂正分>

61ページ 注18・1行目
(誤) 盛岡
(正) 森岡

71ページ 5行目
(誤) 「旧中間階級」に入るべき人が「新中間階級」に
(正) 「旧中間階級」に入るべき人が「資本家階級」に

112ページ 最後から4行目
(誤) さらにその後
(正) たしかにその後

123ページ 注19の最終行
(誤) 注12
(正) 注18

204ページ 終わりから2行目
(誤) 投入労働価値
(正) 投下労働価値

208ページ 表4-3のタイトル
(誤) 表4-3 総労動配分と搾取(2007年)
(正) 表4-3 総労働配分と搾取(2007年)
*「労動」→「労働」

224ページ 8~9行目
(誤) 横方向に広い範囲で広がっていた
(正) 円形に広がっていた

ちくま学芸文庫『ゲルファント やさしい数学入門 座標法』(ゲルファント、グラゴレヴァ、キリロフ著、坂本實)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】34ページ 12~13行目
 (誤)x<-aかつx>a
 (正)x<-aまたはx>a

ちくま新書1200『「超」入門!論理トレーニング』(横山雅彦著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】93ページ 12行目
 (誤)ございますか。
 (正)ございませんか。

伊藤まさこ『白いシャツを一枚、縫ってみませんか?』の実物大パターンに
誤りがありました。
読者のみなさまにお詫びするとともに、以下に対応法を記しておきます。
ご参考になさってください。

■ 1b Vネックシャツ【チュニック】……パターンA
前身頃と後ろ身頃にスリット止まりが入っていません  
→それぞれの型紙の身頃の裾から24.5センチがスリット止まりです

■ 2a プルオーバーシャツ【スタンダード】【ショート】……パターンA
前身頃に袖との合印がついていません
→袖ぐりの寸法は身頃と袖で合わせてあります。マチ針でとめて揃えて縫ってください 

■ 8 ギャザースリーブシャツ……パターンB
前身頃の「後ろ中心・わ」となっているのは、「前中心・わ」の誤りです

■ 8 ギャザースリーブシャツ……パターンB
後ろ身頃の脇の合印がついていません
→前身頃と後ろ身頃の脇の長さは合わせてあります。マチ針でとめて揃えて縫ってください

『ダダダダ菜園記-明るい都市農業』(ちくま文庫)の272ページにおきまして、「あとがき」最後の7行分が、印刷の手違いで白紙になっていることがわかりました。

関係各位および読者のみなさまにお詫びし、お知らせいたします。

印刷すべきだった272ページ部分は下図の通りです。


なお、272ページが白紙になっている『ダダダダ菜園記』を書店にてお買い上げになった方には、送料着払いにて弊社サービスセンターに郵送いただければ、無償で交換に応じさせていただきます。

≪送付先≫
〒331-8507 埼玉県さいたま市北区櫛引町2−604
筑摩書房サービスセンター『ダダダダ菜園記』交換係 宛

電話番号:048-651-0053

『文庫目録2016』表3の「ご注文について」の一部に間違いがございます。
下記の通り訂正し、お詫び申し上げます。

誤) ご送金額 本体価格合計+送料530円
正) ご送金額 定価(本体価格+税)合計+送料530円

ちくまプリマー新書243『完全独学! 無敵の英語勉強法』(横山雅彦著)に間違いがありましたので、下記の通りお詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】132ページ 8行目
 (誤)more than
 (正)less than

【訂正箇所】132ページ 9行目
 (誤)以上
 (正)以下

2015年10月に刊行しました、ちくま新書1146『戦後入門』(加藤典洋著)の第一刷に、間違いがありました。以下のように訂正し、深くお詫び申しあげます。


ページ 行数
030 11 日米安保条約の自然延長 改定安保条約の自然成立
032 5 繁栄と文化・親和的な 繁栄と文化に親和的な
075 5 国益としっかりと準備したうえで対峙し 国益と対峙し
102 12 社会民主労働党で 社会民主労働党大会で
107 10 一九一九年一一月 一九一九年一二月
125 13 四〇年六月 四一年六月
127 8 ドイツとの参戦国 ドイツとの交戦国
128 11 一九三九年 一九三八年
165 3 GHQを管轄する 米軍を管轄する
165 4 五二年 五一年
167 3 一九一七年一〇月 一九一七年一一月
178 3 五四歳 五三歳
340 13 二月一〇日に完成 二月一二日に完成
361 13 五一年を期して 五二年を期して
370 後ろから4 一九四五年から四六年にかけて 一九四六年から四七年にかけて
395 1 保守合同後の 保守合同前の

ちくま新書1144『地図から読む江戸時代』(上杉和央著)に間違いがありましたので、お詫びして訂正いたします。

【訂正箇所】口絵 図4-3享保日本図(松浦静山旧蔵 見当山見通線入り日本図)

【誤】 出所)広島県立歴史博物館
【正】 出所)個人蔵 広島県立歴史博物館寄託、提供 広島県立歴史博物館

「レム・コールハース『S,M,L,XL+』刊行記念 東浩紀、山形浩生、隈研吾 3週連続・特別寄稿」のバナーおよびタイトルにおきまして、デザイナー古平正義様の表紙デザインを、ご許可をいただくことなく改変して使用しておりました。古平様に深くお詫び申し上げます。

2015年5月に刊行いたしました、ちくまプリマー新書『「和食」って何?』(阿古真理著)のなかで、写真の提供についてのクレジットが一部漏れておりました。
クレジットは以下の通りです。

p45 
(写真提供/株式会社 中村屋)

関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、お知らせいたします。

『大英博物館展』に間違いがございました。
お詫び
して訂正致します。

訂正箇所はこちらからご確認ください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。
2014年11月に刊行いたしました『高校生のための哲学・思想入門――哲学の名著セレクション』(竹田青嗣・西研 編著、現象学研究会 執筆協力)に誤りがありました。以下のように、お詫びして訂正いたします。

1)「ヘーゲル」81ページの上段より、下段(「解読」)に対応する次の文章が、脱落していました。

「§6 追加」の末尾
「意志はあるものを欲するということが、制限であり、否定である。だから特殊化とは通例、有限性と呼ばれるもののことである。」


2)「ヘーゲル」82ページの上段「§7」の末尾の、次の一段落分は、下段(「解読」)に対応する部分がないため、割愛いたします。

「自我は、否定性の否定性それ自身への関係であるかぎりにおいて、自分を規定する。自我はそのように自分への関係だから、この規定されていることにたいしてまた無関心でもある。そして自我は、この規定されたあり方を自分のもので観念的なものであると知る。つまり自我は、この規定されたあり方がたんなる可能性であって、自分はこれによってしばられておらず、自分がこの規定されたあり方のうちにいるのは、自分がそれにおいて自分を定立するからにすぎないのであると知る。」

以上

2014年12月に刊行いたしました『吉本隆明〈未収録〉講演集 1 日本的なものとはなにか』に誤りがございました。以下のように訂正し、お詫び申し上げます。


11頁2・6・8行目、12頁3行目、13頁10行目、19頁9行目、17頁3行目、32頁7行目


   『日琉同族論』 (誤) → 『日琉語族論』 (正)


以上です。



2014年10月に刊行いたしました『吉本隆明の経済学』(中沢新一編著、筑摩選書)に誤りがありました。以下のように、お詫びして訂正いたします。

382ページ「初出一覧」は「引用文献一覧」の間違いでした。
また、
第一章 1 幻想論の根底 → 第一章 1 幻想論の根柢
第五章 1 像としての都市――四つの都市イメージをめぐって
       一九九二年一月二一日、日本管主催の講演。 → 日本鋼管主催の講演。

以上です。

なお、「初出一覧」とした場合は、以下のようになります。

第一章
1 幻想論の根柢――言葉という思想
原題・共同幻想のゆくえ(同志社大学文学哲学研究会「翌檜」主催による講演、1978.5.2)『言葉という思想』(弓立社、1981年)所収
2 言語と経済をめぐる価値増殖・価値表現の転移
『iichiko』第39号(1996.4)所収

第二章
1 三木成夫の方法と前古代言語論
原題・三木成夫さんについて(ゲーテ自然科学の集い・慶應義塾大学での講演、1993.11.13)『モルフォロギア』第16号(1994.11)所収

第三章
1 経済の記述と立場――スミス・リカード・マルクス
原題・同上(日大三崎祭実行委員会主催による講演、1984.11.2)『超西欧的まで』(弓立社、1989年)所収

第四章
1 エコノミー論
「ハイ・イメージ論」『海燕』(1989.10~12、1990.1)所収
2 消費論
「ハイ・イメージ論」『海燕』(1990.5~7)所収

第五章
1 像としての都市――四つの都市のイメージ
原題・同上(日本鋼管主催の講演、1992.1.21)『感性都市への予感』(ぎょうせい、1992年)所収

第六章
1 農村の終焉――〈高度〉資本主義の課題
原題・同上(「修羅」同人主催、長岡市で行われた連続講演「農業論」1、1987.11.8)『吉本隆明全講演ライブ集』第5巻(弓立社、2002年)所収

第七章
1 贈与論
「ハイ・イメージ論1」『リテレール』第1号(1992.6)所収
2 消費資本主義の終焉から贈与価値論へ
『FiLo』第15~17号(1992)所収

第八章
1 超資本主義の行方
『サンサーラ』(1993.5、6)所収
2 世界認識の臨界へ
『エイティーズ―80年代全検証 いま、何がおきているのか』(河出書房新社、1990年)所収

以上です。

2013年5月に刊行いたしました『数学で何が重要か』(志村五郎著、ちくま学芸文庫Math & Science)の内容に間違いがございました。

訂正箇所は下記の通りでございます。

p.18,下から5行目:(1/2)φ[h]のあとに「…」をいれる.
p.29,下から8行目:「そんな」は「そんなに」とする.
p.59,4行目:「29」は「229」とする.
p.64,7行目:[S10,p.288]は[S10,p.205]または「本書p.96」とする.
p.67,定理7.2:この言明のままでは正しくない.Fの無限素点の概念を入れてそれもKで不分岐とすれば正しい.絶対類体の定義の仕方はほかにもあるが,やはり「あらゆる素点が不分岐」という条件と次数によるのが自然である.

関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします。

2014年4月刊行のちくま新書1065『中小企業の底力』(中沢孝夫著)の本文に誤りがございました。

該当箇所:32ページ13行目〜33ページ2行目

誤)このグラフで注目すべきは、二〇〇〇年は大企業の撤退率が八パーセントを超えていて、中小企業が四パーセント台だったことである。理由はそれほど難しいことではない。大企業にとって海外展開は経営のオプションの一つに過ぎない。それゆえ逃げ足も速い。しかし中小企業にとって海外展開は死活問題であることが多く、成功に向けて歯を食いしばって頑張らねばならぬテーマだからである。

上記の赤字部分を削除し、下記のように改めます。

正)中小企業にとって海外展開は死活問題であることが多く、成功に向けて歯を食いしばって頑張らねばならぬテーマであるが故に生存率が高いともいえるだろう。また海外工場の成長率のデータはないが、私の調査経験では五年から一〇年で五倍、六倍と成長している企業は無数にある。

このたびはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。読者の皆様ならびに関係各位に心よりお詫びし、訂正いたします。


『日本幻想文学事典』の記載に、ベースにした『日本幻想作家事典』(国書刊行会)のなかの石堂藍氏の文章が一部残っていると石堂氏よりご指摘を受けました。
編集作業の不徹底のために、石堂氏にご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。



ちくま新書1073『精選 漢詩集』(下定雅弘著)に間違いがございました。
お詫び
して訂正致します。

訂正箇所はこちらからご確認ください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。



松田忠徳著『温泉力』(ちくま文庫、2010年7月刊)掲載の温泉宿の電話番号に間違いがございました。
群馬県万座温泉の「豊国館」(P.234)の電話番号は、
0279-97-2525
です。

関係各位及び読者の皆様にお詫びするとともに、訂正いたします。

鎌田浩毅『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書、2013年3月刊)の図2-14(76ページ)、図2-15(78ページ)において、南海トラフを示す線の位置に間違いがございました。

正しい図は下記の通りでございます。





伏してお詫び申し上げます。

9月刊ちくま学芸文庫『都市景観の20世紀』ですが、
カバー袖に明記してある、訳者の高野岳彦先生の紹介文に誤りがありました。

【誤】東北学院大学文学部歴史学科教授 → 【正】東北学院大学教養学部地域構想学科教授

ご本人、関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正致します。

19976月刊行のちくま新書『英文法の核心』におきまして、本来は著作権者から許諾を得て掲載すべき文章を無許諾で、また出典を表記することなく掲載しておりました。

『英文法の核心』の178ページから181ページにかけての部分ですが、もともとはT・D・ミントン氏による文章で、研究社発行の雑誌『時事英語研究』に連載されていた「コミュニケーションのための英文法講座」の19964月号に掲載されたものです(後に『ここがおかしい日本人の英文法』199910月、研究社出版刊に収録)。

『英文法の核心』では未来を表す時制の説明として、誠に優れた例文であるこの文章を利用させていただいたわけですが、その際にミントン氏から許諾をいただくことを怠ってしまいました。

増刷以降の版では改めて出典を明記させていただきましたが、出版社としてあるまじき失態であり、深く恥じ入っております。

ミントン氏および研究社様に対しては多大なご不快の念とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。

謹んで陳謝いたします。

また、読者の皆さまにも無用の誤解を抱かせてしまいましたことをお詫び申し上げます。

7月11日発売の『放射能下の日本で暮らすには?』に
下記のクレジットが抜けていました。
関係者の方々に大変ご迷惑をおかけいたしました。
お詫び申し上げます。

装丁 倉地亜紀子
装画 フカザワテツヤ(studio TEPPING)

7月刊行予定とお知らせしておりました『カメラを持った前座さん』(写真・文=橘蓮二)ですが、
刊行日が8月9日に延期となりました。
刊行を楽しみにして頂いていた方々におかれましては、誠に申し訳ありません。
よろしくお願い致します。



2013年3月刊行の『秩序の夢』カバー装画、
奥山儀八郎「左傾直立」は松戸市教育委員会が所蔵するものです。
本書中に所蔵者を明示せず、関係各位にご迷惑をおかけ致しました。
お詫び申し上げます。


宇野常寛『日本文化の論点』(ちくま新書、20133月刊)の巻末、
編集部作成の「キーワード」に、間違いがありました。

179頁「横山由依」さんの項目、「第六期AKB48オーディションに合格」は「第六回研究生(九期生)オーディションに合格」の間違いです。

伏してお詫び申し上げます。



2013年2月に刊行いたしました『昭和の洋食 平成のカフェ飯 --家庭料理の80年』(阿古真理著)に、装丁・装画のクレジット表記が抜け落ちておりました。クレジットは以下のとおりです。

 装丁 飯塚文子
 装画 飛田冬子

関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、お知らせいたします。

1月刊行の今井むつみ・著『ことばの発達の謎を解く』(ちくまプリマー新書191)の目次および本文に誤りがありました。

12頁8行目および105頁11行目
誤)…オトマノペって実はすごい
正)…オノマトペって実はすごい

関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします。

2012年8月に刊行いたしました『本当の経済の話をしよう』(若田部昌澄/栗原裕一郎著、ちくま新書)の内容に誤りがございました。

1)第17講「あなたは「幸福」の国ブータンに住みたいですか」の、古市憲寿氏『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)を取り上げた箇所に、古市氏が「World Value Surveys(世界価値観調査)」を知らなかったのではないか、という主旨の記述がございます(P.241)。これは『絶望の国の幸福な若者たち』P.150にWVSを参照した箇所があり、事実に反しておりました。

2)上記の箇所で、古市氏が、現在の若者の生活満足度が高いことを指摘するにあたって内閣府の「国民生活に関する世論調査」に拠っている点について、「なぜこの調査に基づいたのか説明がない」「WVSのほうが信頼度が高いはずなのに」との記述がございます(P.240)。

これについて著者宛に古市氏より、「同じ質問を約40年にわたって聞いているため、経年での変化の傾向をとらえるのに向いている」「サンプル数がWVSよりも多く、国際比較をしないのであれば、日本の変化を見るには「国民生活に関する世論調査」のほうが信頼度が高いと考えられる」という主旨の説明がありました。これを受けて、「WVSのほうが信頼度が高い」という判断は拙速であったので保留したい旨の申し出が著者よりございました。

以上二点、関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします。

2010年1月に重版しました『現代日本文學大系32』の奥付に誤植がございました。

誤) 武林夢想庵
正) 武林無想庵

関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします。

なお、正誤表を作成いたしますので、ご希望の場合は、たいへんお手数をおかけしますが、お送り先をお書き添えの上、下記までお申し込みください。

〒111-8755 東京都台東区蔵前2-5-3
FAX 03-5687-1585
筑摩書房「現代日本文學大系」係

『現代日本文学大系』詳細

平素、小誌「ちくま」にご購読いただき、ありがとうございます。
この度、最新3月号につきまして、自社広告頁に情報の誤りが見つかり、出来上がりが予定より一週間ほど遅れ、掲載紙のお届けが遅れる(2日間〜最大7日間ほど)こととなりました。
皆様にご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
以後、このようなことのないよう問題点をあらため、充分な対策を講じてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。
2012年2月24日 筑摩書房
6月刊行の高田高史・著『図書館で調べる』(ちくまプリマー新書160)の本文に誤りがありました。

18頁7〜10行目
誤)……三桁目の[5]は近畿地方だったかな、だからこれは近畿地方の歴史の本」と本のだいたいの内容を判別できます。逆に、近畿地方の歴史を調べていたら[215]の棚に行けば何かあるだろうと思い浮かべられます。[215]の三桁目が一文字違う[214]なら中部地方、[216]なら中国地方の歴史の本です。

正)……三桁目の[6]は近畿地方だったかな、だからこれは近畿地方の歴史の本」と本のだいたいの内容を判別できます。逆に、近畿地方の歴史を調べていたら[216]の棚に行けば何かあるだろうと思い浮かべられます。[216]の三桁目が一文字違う[215]なら中部地方、[217]なら中国地方の歴史の本です。

関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします。

10月刊の小谷野敦・著『現代文学論争』(筑摩選書)の本文に誤りがありました。


289頁14-15行目
誤)・・・・・・もう一人の弟子である小浜逸郎(一九四七― )も、賢治に関する著書こそないが、賢治の作品の「饑餓陣営」をもじった『樹が陣営』という雑誌を出しており、・・・・・・


正)・・・・・・もう一人の弟子である小浜逸郎(一九四七― )も、賢治に関する著書こそないが、小浜の盟友だった佐藤幹夫は、賢治の作品の「饑餓陣営」をもじった『樹が陣営』という雑誌を出しており、・・・・・・


関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします。

『デカルトの誤り』(ちくま学芸文庫)の本文に一部文言の誤記がありました。
お詫びして訂正させていただきます。

<頁・行>                  <誤>                                                                 <正>
159
頁・10         ・・・収束が集合する                                          ・・・信号が収束する
170
頁・9           ・・・私が「収束」と呼んでいる                            ・・・私が「収束域」と呼んでいる
170
頁・14         ・・・なっているこの収束は、                               ・・・なっているこの収束域は、
171
頁・最終行      ・・・に対する収束が                                          ・・・に対する収束域が
254
頁・14         ・・・を演じている収束の活動から                       ・・・を演じている収束域の活動から
254
頁・15         収束が、反復的なフィード・・・                            収束域が、反復的なフィード
254
頁・16         ・・・(「収束」については、                                   ・・・(「収束域」については、
256
頁・5           ・・・受け取っている収束にある                           ・・・受け取っている収束域にある
284
頁・11         ・・・の中にある収束は、                                    ・・・の中にある収束域は、
365
頁・7           ・・・・われわれがこれまで収束と                        ・・・われわれがこれまで収束域と

7月刊行の小菅信子・著『14歳からの靖国問題』(ちくまプリマー新書142)の
本文に誤りがありました。

5210行目

誤)一八八九(明治二二)年、明治天皇の誕生日(紀元節)に
正)一八八九(明治二二)年、神武天皇が即位したとされる日(紀元節)に

83頁11行目
誤)当時のイギリス皇太子(のちのイギリス国王ジョージ六世)
正)当時のイギリス皇太子(のちのイギリス国王エドワード八世)

著者・読者の皆様にお詫びするとともに訂正いたします。

『遠野物語へようこそ』のなかで以下の間違いがありました。

たいへん申し訳ございませんでした。

お詫びして訂正させていただきます。


11ページ 地図

 (誤)土宮守

 (正)宮守


 (誤)二里山

 (正)二


31ページ 後ろから4行目~

 (誤)夜中に目覚めた姉娘が、いちばん下の娘の胸に

 (正)夜中に目覚めた娘が、娘の胸に


31ページ 最終行

 (誤)悪事をはたらいた姉娘が

 (正)悪事をはたらいた娘が


32ページ 初めから4行目

 (誤)妹の胸にあった「霊華」は、

 (正)の胸にあった「霊華」は、


33ページ 後ろから6行目~

 (誤)花は妹のほうに咲いたが、先に目覚めた姉が横取りして、

 (正)花はのほうに咲いたが、先に目覚めた末娘が横取りして、    

11月刊行の谷岡一郎・著『はじめての刑法入門』(ちくまプリマー新書121)の
本文139頁5行目〜6行目に誤りがありました。

誤)たとえば199X年に死刑になった  人のうち  人は、出所後の殺人で死刑になりました。
正)たとえば一九九九年に死刑になった三人は全員、出所後の殺人で死刑になりました。

著者・読者の皆様にお詫びするとともに訂正いたします。

8月刊行ちくま学芸文庫『音楽機械論』カバー見返しに記載された写真家のお名前に誤りがありました。

誤)立花善臣

正)立花義臣

立花様ご家族、ならびに関係者の方々に大変ご迷惑をおかけしました。謹んでお詫びいたし、訂正いたします。

8月刊行のちくまプリマ-新書『ものがたり宗教史』の奥付のISBNコードに誤りがありました。


(誤)978-4-480-68820-2

(正)978-4-480-68820-0


謹んでお詫びし、訂正いたします。


本書三十二頁「一粒々々に橅のちから」についての記述に、間違いがありました。関係者の方々に深くお詫び申し上げるとともに、訂正させていただきます。

誤) これは完全無農薬ではない。一回だけ消毒し、仕上がりに硫安をやる。そうするとおいしくなる、と貝沼さんは言う。
正) これも福士さんのお米同様、JASの認証を受けた有機栽培米である。これもまたたいへんおいしいお米である。

◎実物大パターン1面 Bの作品の衿ぐり寸法に誤りがございました。
お詫びを申し上げるとともに、以下のように型紙を直してお使いいただきますようお願い申し上げます。
・身頃の型紙の衿ぐりの線を、現状の線より1センチ内側に(身頃側に入れる)直してください。
・それに合わせて見返しの衿ぐり部分も1センチメートル内側に、また見返しの外側は1センチ外側に出して、見返しの幅が4センチメートルになるようにしてお使いください。

正しい寸法の型紙をご希望の方には、お送りいたします。
たいへんお手数をおかけいたしますが、お送り先をお書き添えの上、下記までお申し込みください。

〒111-8755 東京都台東区蔵前2-5-3
FAX 03-5687-2689
筑摩書房編集局『Lisette リネンの服作り』係

ご迷惑をおかけしていました
書籍購入システム不具合の復旧作業が終了いたしました。

従来どおり、当ホームページのショッピングカートから、
購入サイトであるブックサービスの購入ページに進めます。

ご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

※復旧作業は終了いたしました。

現在、当ホームページのショッピングカートから、
購入サイトであるブックサービスのページに進みますと
本来は購入ページに行かねばならないところ、
ブックサービスのトップページにつながってしまっております。
そこから購入ページに進むことは可能ですが、
もう一度検索し直すご面倒をおかけすることになってしまっております。

復旧に向けて作業を進めておりますので
今しばらくお待ちください。
復旧作業が終わりましたら、またこのページでお知らせいたします。

ご迷惑をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。


 

『1回作れば3度おいしい 作りおきレシピ』におきまして、誤記・脱落がございます。
213ページは以下の内容になります。
お詫び申し上げ、ここに訂正させていただきます。
※画像をクリックすると拡大いたします。

2009年2月12日(木)朝日新聞に掲載されました小社の広告中に間違いがございました。
『サブリミナル・インパクト』著者・下條信輔氏の肩書は、正しくは、カリフォルニア工科大学教授です。
関係各位にご迷惑をおかけしたことを、謹んでお詫び申し上げます。
 20091月刊行のちくま学芸文庫文庫『増補 虚構の時代の果て』(大澤真幸著)の一部に、乱丁がございました。

  257ページから288ページにかけて、上下逆さ綴じになっているものがございます。謹んでお詫び申し上げます。 
 つきましては、乱丁のものを交換させていただきます。お手持ちの本をご確認いただき、乱丁が見つかりましたら、郵便番号、住所、氏名をお書き添えの上、お買い上げの『増補 虚構の時代の果て』を小社サービスセンター宛に着払いにてご返送ください。


  

○返送先

 331-8507 さいたま市北区櫛引町2-604
 筑摩書房サービスセンター『増補 虚構の時代の果て』交換係
 電話 048-651-0053
 
FAX 048-666-4648

1月6日発売の浦坂純子・著『なぜ「大学は出ておきなさい」と言われるのか——
キャリアにつながる学び方』(ちくまプリマー新書099)の本文24頁7行目〜8行
に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

【誤】
…中卒の3割、高卒の5割、大卒の7割が…

【正】
…中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が…


 


 

1月刊行の今井むつみ・著『ことばの発達の謎を解く』(ちくまプリマー新書191)
の目次および本文に誤りがありました。

12頁8行目および105頁11行目

誤)…オトマノペって実はすごい
正)…オノマトペって実はすごい

関係各位および読者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします。

12月18日発売の笙野頼子・著「おはよう、水晶——おやすみ、水晶」の本文の中に、1行脱落がありました。

297頁3行目と4行目の間に次の1行が太文字で入ります。


五十六億七千万年の転生を経て……。



著者・読者の皆様にお詫びするとともに訂正いたします。
1211日発売の『逆算で夢をかなえる人生とお金の法則』の180ページ16行目~181ページ2行目に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。
                                                    筑摩書房編集部


【誤】

えると、次のようになります。


①物件購入価格+②購入時に支出した費用+③売却するまでに支出した費用(売却時ローン残含む)< ④家賃収入+⑤売却益(損)

【正】

える時に、検討すべき要素は下記のものです。


 ①物件購入価格
 ②購入時に支出した費用

 ③売却するまでに支出した費用+売却時ローン残

 ④家賃収入

 ⑤売却益(損)